40歳を過ぎて始まる乱視と老眼についての悩みや不便なこと

 

もともと目が悪く、若い頃からメガネをかけていました。視力も年々悪くなってきて、そのたびにメガネを買い替えていたのですが、40歳を過ぎた頃から、パソコンの端末が見づらくなってきました。「老眼が始まったのかな?」と思い、ほったらかしにしていましたが、左目に違和感があるので念のため調べてみたら乱視と診断されました。乱視は、わりとありがちなものですが、極度になると、かなり物が見えにくくなるのです。特に長時間パソコンを触ると、かなりボヤケが進行してきます。乱視用のメガネをかけてはいますが、長時間になると焦点がぼやけてきて、端末に顔を近づけたり離したりしながら作業を進める日々です。単純な話ですが、物が見えにくくなると、作業の効率が下がってしまいます。これに加えて加齢による老眼も進行しています。書類を見る時や読書をする時は、メガネをかけたり外したりの繰り返しです。コンタクトにすることもできず、今では乱視用のメガネと、軽めの老眼鏡の2つを使いわけていますが大変不便です。

改善が難しい老眼・・手っ取り早い方法は適切なメガネをかけるのみ

 

普通に生活していくためには、やはりメガネをかけるのが最も手っ取り早い方法だと思っています。ただ、日によっては見え方が違ってくるので、あまりに酷いときには作業を中断するようにしています。加齢に伴うものもありますので、根本的な治癒というものはないと思っています。現在は、文字がぼやけるのには、ある程度は慣れてしまったのですが、作業を中断した際には、目の周辺をマッサージしてみたり、肩を回してみたりなど簡単な運動をしてリフレッシュするように心がけています。そして、定期的に視力検査をするようにしています。昔はメガネが痛んだ時にしか視力検査はしませんでしたが、最近では買い物のついでにメガネ店に立ち寄って検査をしてもらうようにしています。メガネレンズの焦点は合っているはずなのに、文字や画面がぼやけて見えると感じた際には、特に検査に行くようにしています。最近では、単価の安いメガネも多く販売されているので、合わなければ、すぐに作り直そうと思っています。